Top >  豊胸ヒアルロン酸注入 >  ヒアルロン酸注射 診療の流れ

詳しくはコチラから

ヒアルロン酸注射 診療の流れ

ヒアルロン酸注射の治療と言えば、豊胸(バストアップ)やシワ取りを思い浮かべるほど一般的となってきました。プチ整形の代名詞と言われるほどです。美容整形手術には抵抗がある女性も多いですが、ヒアルロン酸を注射するだけで自分らしさを維持できるということで、抵抗感の無くなる方が大半のようです。さて、そのヒアルロン酸注射の診療の流れを説明します。豊胸にしろ、しわ取りにしろ、まずはカウンセリングをしっかりと行います。どの部分のしわを取りたいだとか、希望のバストの大きさや形を決めておきます。そして実際にヒアルロン酸の注入に入るわけです。ヒアルロン酸を注入する場所をマーキングします。ヒアルロン酸を注入した部分が、希望通りの形になっているかどうかを医師が指先を使って丁寧に仕上げます。術後のケアは特にありません。すぐに帰宅できます。赤みや腫れはほとんどありませんので、誰にも気付かれずに済みます。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 東京・新宿のヒアルロン酸豊胸が熱い  |  トップページ  |  次の記事 ヒアルロン酸の次にくる豊胸とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。