Top >  ヒアルロン酸とは >  ヒアルロン酸とコラーゲン

詳しくはコチラから

ヒアルロン酸とコラーゲン

ヒアルロン酸には水を蓄える驚異的な力があります。もともと人間にはヒアルロン酸を作る力があり、体内にヒアルロン酸が存在しています。しかし、残念な事に年齢とともにその力は減少してしまい、成人以降になりますと皮膚のヒアルロン酸には赤ちゃんの時のたった4分の1まで減っていると言われています。赤ちゃんのお肌がみずみずしく、弾力があるのはヒアルロン酸の量が影響していて、ヒアルロン酸がたっぷりと水分を含んでいるからなのです。ヒアルロン酸1グラムで約6リットルもの水分を保持することができるのです。そして美容化粧品にもよく使われているコラーゲンは、このヒアルロン酸無しでは、体内に保持しておくことが難しいといわれています。皮膚の主成分はコラーゲンがその約70%を占めています。このコラーゲンが持っている特性によって、お肌がぷるぷるの弾力性を持つことができます。なので、保水力が高いヒアルロン酸と弾力性の高いコラーゲンのバランスをよくすれば、潤いと弾力に満ちたお肌を手に入れることができます。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 ヒアルロン酸の化粧水  |  トップページ  |  次の記事 ヒアルロン酸で豊胸  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。