Top >  ヒアルロン酸とは >  ヒアルロン酸とコラーゲンとの違い

詳しくはコチラから

ヒアルロン酸とコラーゲンとの違い

しわ取りにはコラーゲンを使う治療が一般的だと思っている方は多いです。しかし、最近ではヒアルロン酸が特に注目を集めています。では、ヒアルロン酸とコラーゲンとの違いとは何なんでしょうか。ヒアルロン酸とコラーゲンとの違いは、まずその成分に有ります。どちらも人間の身体の中にある成分です。コラーゲンは動物由来(牛など)のタンパク質で、ヒアルロン酸はムコ多糖類という糖の一種です。ヒアルロン酸のほうが、アレルギー反応が少ないといった特徴があります。また、コラーゲンに比べますと、ヒアルロン酸は柔らかい性質があるので、お肌に馴染みやすく、ヒアルロン酸配合の化粧水や美容液を使用すると、綺麗に仕上がります。ヒアルロン酸は水分を蓄える力が特に優れていて、安全性の面から考えてもヒアルロン酸をおすすめします。コラーゲンに比べると、ヒアルロン酸の方が通常1.5倍ほど高価ですが、アレルギーが出る可能性は極端に低いと言えます。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 ヒアルロン酸Na原液  |  トップページ  |  次の記事 “しわ取り”にヒアルロン酸  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。