Top >  ヒアルロン酸とは >  ヒアルロン酸目薬の副作用について

詳しくはコチラから

ヒアルロン酸目薬の副作用について

目薬も内服薬と同様に、それぞれの症状に応じた効能の成分があり、目に安全な状態を調整しています。ですから、万能な目薬は無いと思ってください。市販の目薬は成分の選択や濃度調整がされていて、副作用がほとんど出ないように配慮はされているものの、効果・効能においては弱いと言えます。一方、眼科で処方されるヒアルロン酸配合の目薬は、よく効く薬物が十分な濃度で調整されていますので、効果・効能は高いのです。しかし、薬の副作用がしばしば問題となります。ヒアルロン酸配合の目薬には、ヒアレイン、アイケア、ティアバランスなどがあります。どれも一般名は「ヒアルロン酸ナトリウム(ヒアルロン酸Na)」と呼ばれるもので、ドライアイや角膜上皮障害、眼精疲労などの際に用いられています。これらの副作用には、接触性皮膚炎、刺激感、掻痒感などがあります。ここに記した副作用については、ごく一般的なものですので、これ以外にお気づきの点がありましたら、ぜひお早めに眼科へ受診されることをおすすめします。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 ヒアルロン酸について知る  |  トップページ  |  次の記事 ヒアルロン酸Na原液について  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。