Top >  ヒアルロン酸とは >  ヒアルロン酸について知る

詳しくはコチラから

ヒアルロン酸について知る

ヒアルロン酸は美容効果のためではなく、もともと関節炎の治療薬として開発されました。その他にも白内障や角膜移植の眼科手術補助剤として重要な成分ですので、安全性が高いことも十分確認されています。ですから、医療の現場で多くヒアルロン酸は使用されています。人間の身体の中には100兆個からの細胞があって、細胞と細胞の隙間を埋めているヌルヌルとした体液がムコ多糖です。このムコ多糖が、体内の細胞間をつないで水分をためていて、コラーゲンやエラスチンなどが皮膚のハリと弾力を作り、人間の身体を構成しています。このムコ多糖を代表しているのがヒアルロン酸なのです。ヒアルロン酸は真皮や表皮、角質層の細胞や血液中に存在しています。ヒアルロン酸の保水能力は、自重の約6000倍もの水を保つといわれています。ヒアルロン酸は、化粧品原料としては保湿剤として知られています。また医薬品としても関節炎治療薬、眼科手術の補助剤としても使用されています。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 ヒアルロン酸不足による症例  |  トップページ  |  次の記事 ヒアルロン酸目薬の副作用について  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。