Top >  ヒアルロン酸とは >  ヒアルロン酸不足による症例

詳しくはコチラから

ヒアルロン酸不足による症例

ヒアルロン酸はもともと体内で生成される成分なのですが、年齢とともにその量も少なくなります。そしてヒアルロン酸が不足することによっておきる症例は次の通りです。内臓では、内臓萎縮や消化管の粘膜破壊。血管では、動脈硬化や脳出血、老化による脳梗塞。眼球では、ドライアイ、目の乾燥、目の痛み。関節では、関節の痛み、腫れ、運動障害など。皮膚においては、お肌の乾燥、しわやシミの原因ともなります。いろいろ怖い症例もありますね。そこでヒアルロン酸を補給して、予防しましょう。ヒアルロン酸の薬理作用は次の通りです。動脈硬化の改善、血管の老化防止、活性酸素の除去 、強壮作用、免疫機能強化、血液の水分調整、老化防止、生理痛の軽減、更年期障害の改善、骨粗鬆症の改善、性器の老衰症の改善、卵巣の働きを助ける、貧血症の改善、発毛促進などです。こうして見ると、ヒアルロン酸には美容効果だけではなく、医療の現場でも活躍していますね。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 ヒアルロン酸の効果・効能 その5  |  トップページ  |  次の記事 ヒアルロン酸について知る  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。