Top >  ヒアルロン酸とは >  危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その7

詳しくはコチラから

危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その7

お肌の保湿力を高め、潤いとハリをもたらせるには低分子ヒアルロン酸が良く効きます。また化粧水や美容液などに配合されている化粧品を使うよりも、飲むヒアルロン酸のほうが、お肌の潤いや弾性力の回復におすすめです。それでは、飲むタイプに焦点を当てて、錠剤に含まれる添加物について考えましょう。本来は添加物など不必要な成分が一切入っていない、つまり添加物などまったく入っていない方が良いのです。色・味・香りをごまかすような添加物や腐らせない添加剤は必要ありません。しかし、どうしてもヒアルロン酸を錠剤にする時に必要な添加物があります。それは、形をつくるために必要な添加剤です。もともと純粋なヒアルロン酸は、白くてわたのような状態をしています。さらさらの粉でもなく、液体でもありません。このような100%純粋なヒアルロン酸を錠剤にするために固形化することは技術的に不可能なのです。だからどうしてもヒアルロン酸に形を整える添加物が必要なのです。しかし、その添加物も天然成分が良いのは言うまでもありません。必要最低限の添加物はいたしかたないのです。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その6  |  トップページ  |  次の記事 飲むヒアルロン酸の効果が高い訳  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。