Top >  ヒアルロン酸とは >  危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その5

詳しくはコチラから

危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その5

ヒアルロン酸を使って、綺麗になるにはどうすれば良いのか?どのようなヒアルロン酸の用法が一番効果があるのか?ヒアルロン酸の効果的な使い方をぜひ、覚えておいてください。ヒアルロン酸には塗るヒアルロン酸と飲むヒアルロン酸とがありますよね。塗るヒアルロン酸のタイプが化粧品で飲むヒアルロン酸のタイプがサプリメントなどです。どちらのタイプが効果をより発揮してくれるのでしょうか。ここで大切なことは、分子量が大きい成分はお肌からの吸収が悪くなるということです。なので、分子量が100万から800万とも言われているヒアルロン酸の場合には、皮膚からの吸収・浸透性は悪く、皮膚の奥の真皮までは届かないのです。つまり、塗るヒアルロン酸であろうと飲むヒアルロン酸であろうと、分子量の大きなヒアルロン酸だと十分な保湿効果が望めません。だからこそ低分子ヒアルロン酸がオススメなのです。ただし低分子ヒアルロン酸の場合、塗るタイプと飲むタイプのどちらが保湿力や弾性力があるかと言いますと、飲むヒアルロン酸タイプをオススメします。化粧品としてのヒアルロン酸は、短期集中型で局所に対して保水力を補助しますが長続きしないということです。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その4  |  トップページ  |  次の記事 危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その6  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。