Top >  ヒアルロン酸とは >  危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その4

詳しくはコチラから

危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その4

お肌の潤いの為に大切なヒアルロン酸の製造法ってあるのをご存知でしょうか?ヒアルロン酸でも、単に天然なら良い訳ではありませんし、低分子だと吸収が良くなるので低分子ヒアルロン酸を選べば間違いなしだなんて思わないでくださいね。低分子ヒアルロン酸は確かに体内への吸収が良くて、お肌の潤いにも効果があるのですが、低分子化し過ぎると良くないんです。低分子化しすぎたヒアルロン酸の保湿能力は下がってしまいます。低分子ヒアルロン酸は体の中で吸収されますと、皮膚の表面にて再合成されてからある程度の大きさになって保湿能力を発揮します。一般的なヒアルロン酸の製造法は、原材料となるニワトリのトサカを高熱で煮詰め、化学薬品を使って溶かしヒアルロン酸を取り出します。この方法が、一番安価なんです。しかし、高熱や化学薬品を使用しているとヒアルロン酸の新鮮さが失われたり、変性を生じることもあり、本来持っている保湿効果を発揮しなくなってしまいます。多少の保湿効果は残っていても、本来の100%の保湿効果が期待できないということです。そこで安全で安心なヒアルロン酸の製造方法とは、酵素法にて分解し低分子ヒアルロン酸を作る方法です。酵素法だと、原材料はもちろんのこと、あなたの体にも優しくお使いいただけます。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その3  |  トップページ  |  次の記事 危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その5  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。