Top >  ヒアルロン酸とは >  危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その3

詳しくはコチラから

危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その3

ヒアルロン酸には、普通のヒアルロン酸であったり低分子ヒアルロン酸があるといいうのをご存知ですか。その違いを理解していますか。とにかくヒアルロン酸なら、なんでも良いと思っていませんか?化粧品にしてもサプリメントにしても、ヒアルロン酸の成分吸収と成分分子量の関係は大切です。分子量が大きすぎると、このヒアルロン酸を飲んでからの吸収が悪いし、お肌からの吸収も悪くなります。皮膚をはじめ、関節や目や脳、心臓などにヒアルロン酸は存在しています。このヒアルロン酸の分子量が大きくなると、お肌に浸透しにくくなるだけでなく、サプリメントだと体内にも吸収されにくくなるという訳です。100万から800万といった分子量を持つヒアルロン酸だと皮膚への浸透性が悪く、飲んでも体の中への吸収が非常に悪くなるんです。そこで気にしておきたいのが、ただのヒアルロン酸なのか低分子ヒアルロン酸なのかということです。つまり、ただのヒアルロン酸はさほど効果が期待できませんが、低分子ヒアルロン酸なら分子量が小さいため体内への吸収がよく効果が見られます。この低分子ヒアルロン酸とは、吸収を良くするために開発されたヒアルロン酸なのです。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その2  |  トップページ  |  次の記事 危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その4  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。