Top >  ヒアルロン酸とは >  危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その2

詳しくはコチラから

危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その2

バイオ製法で作られたヒアルロン酸の中には使用するのに注意したいヒアルロン酸があります。それでは、天然成分のヒアルロン酸は安全と言えるのでしょうか?人間の体内にも、もともとヒアルロン酸が作られています。特に、皮膚や関節、目、脳などの部位に多く存在しています。ヒアルロン酸が化粧水や美容液、またサプリメントとして市場に出回った頃には、ヒアルロン酸の原料にニワトリのトサカが使用されていました。しかしこのニワトリのトサカを利用した天然のヒアルロン酸でも安心できないことがあります。それが「鳥インフルエンザ」なのです。なので、ニワトリのトサカでも、鳥インフルエンザに感染したニワトリのトサカではなく、流通経路の確認が取れ管理がしっかりとした日本国内にて供給されるニワトリのトサカで作ったヒアルロン酸を選びたいところです。しかも、国産だと何でも良いではなく、食用としての鶏から取れるトサカから作ったヒアルロン酸が、安心度が高いという訳です。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その1  |  トップページ  |  次の記事 危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その3  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。