Top >  ヒアルロン酸とは >  危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その1

詳しくはコチラから

危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その1

ヒアルロン酸の人気が高くなり需要が高くなっています。そんな中で、安価なバイオ技術製法のヒアルロン酸も数多く出回っています。このようなブームの裏側に隠れたヒアルロン酸の安全性には問題はないのでしょうか?飲むヒアルロン酸にしても、鼻を高くしたり“しわ”を取るためのヒアルロン酸注射にしても、実際に私がヒアルロン酸を選ぶときの注意点というのは、安全性でした。なぜなら直接そのヒアルロン酸を飲んだり、体内に注入するわけですからね。ヒアルロン酸はもともと人間の体の中にある成分だから『安全』と思っていませんか!?これにはある意味、落とし穴が潜んでいます。それは、ヒアルロン酸は一体何から作られたのか?ということです。ヒアルロン酸には天然のものと人工物のものとがあります。動物から取れる天然のヒアルロン酸と人工的に作る人工ヒアルロン酸です。人工的につくられるヒアルロン酸の中でも、ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)等によるバイオ製法のヒアルロン酸が要注意なのです。このストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)とは、急性咽頭炎、扁桃炎、中耳炎などの症状をおこすような菌類なのですから。十分な研究がされて、許可もされている商品だとしても、これらは「遺伝子組み換えの大豆やトウモロコシ」みたいなものです。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 ヒアルロン酸で涙袋も作れるプチ整形  |  トップページ  |  次の記事 危険!ヒアルロン酸選びの7つのポイント その2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。