Top >  ヒアルロン酸とは >  関節痛のヒアルロン酸注入の副作用について

詳しくはコチラから

関節痛のヒアルロン酸注入の副作用について

関節痛と呼ばれる代表的な疾患には『変形性関節性』『関節リウマチ』『肩関節周囲炎』などがあります。それぞれ、薬剤治療、保存的治療、観血的治療(手術療法)など多くの治療法が存在しています。その中でも、ヒアルロン酸ナトリウムを関節内に注入する方法の効果と副作用についてお話します。
関節リウマチ、変形性関節性、肩関節周囲炎などの関節痛疾患に対しては、関節腔もしくは粘液包に1回2.5mlのヒアルロン酸ナトリウムを注入します。これを5週間にわたって5回ほど行います。これだけで、約7割の患者さんの関節痛が改善される効果があります。
ヒアルロン酸ナトリウムの注入による副作用としては、化膿性関節炎の発症が考えられます。皮膚をいくらきれいに消毒していても、注射をした際に、関節内に細菌が入ることも考えられます。ヒアルロン酸を注入後に、強い腫れや痛みを感じないか注意が必要です。もし異常を感じたら、すぐに医師に相談する必要があります。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 ヒアルロン酸注入についての質問 その3  |  トップページ  |  次の記事 ヒアルロン酸で薄い唇もふっくら厚く  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。