Top >  ヒアルロン酸とは >  ヒアルロン酸の原料とは

詳しくはコチラから

ヒアルロン酸の原料とは

ヒアルロン酸は本来、体内で生成されるものですが、最近の化粧品やサプリメント、食品関連に使用されているヒアルロン酸には、バイオ技術で精製されたものです。したがって、動物由来ではないためアレルギーや感染症の心配は無く、生体組織に共通して含まれている成分なので異物反応といった拒絶反応は起こりません。一般に商品として出回っている化粧水や美容液などの化粧品関連やサプリメントなどの食品関連に使われているヒアルロン酸の原料とは、何を使っているのか?それは低価格帯のヒアルロン酸のほとんど全ては、ニワトリのトサカが原料となっています。そして最近主流となってきているヒアルロン酸の原料と言いますと、微生物を利用して発酵させた物です。最近、鶏のトサカを原料にしたヒアルロン酸が敬遠され始めているので、こちらのヒアルロン酸の原料価格は安くなってきています。にわとり由来のヒアルロン酸が敬遠され始めた理由としては、鳥インフルエンザの風説による影響が大きいと思われます。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 膝の関節痛に効くヒアルロン酸についての誤解  |  トップページ  |  次の記事 鼻にヒアルロン酸か整形外科か  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。