Top >  ヒアルロン酸とは >  膝の関節痛に効くヒアルロン酸についての誤解

詳しくはコチラから

膝の関節痛に効くヒアルロン酸についての誤解

テレビで膝痛には低分子ヒアルロン酸が良いというのをやっていた次の日にはドラッグストアや百均からヒアルロン酸のサプリメントが無くなったなんて話をききます。膝痛が飲むだけで治るならということで、ヒアルロン酸が大きく注目を集めています。膝痛の治療の為に、チタンテープを使用していたり、サメの軟骨の錠剤を飲んだりしていても、なかなか膝痛が良くならない方には、ワラをもすがる思いのことでしょう。しかし、この「低分子ヒアルロン酸のサプリメントを飲めば膝痛が良くなる」ことについての誤解について注意をしておきましょう。関節には滑膜という組織があります。その滑膜からは“滑液”といった組織液が分泌されています。その滑液は、関節内で骨と関節半月板などの摩擦が多くなると痛みを生じるようになっています。その滑液を形成している成分が『ヒアルロン酸』なのです。このように関節の中の現象なので、経口薬(サプリメントなど)で膝痛の痛みが緩和されることはありません。膝痛の根本的な治療をされるなら、ぜひ整形外科を受信されて、皮下注射をされる事をおすすめします。皮下注射とは、関節内に直接ヒアルロン酸を注入する治療法です。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 膝関節痛(スポーツ障害)の原因とヒアルロン酸  |  トップページ  |  次の記事 ヒアルロン酸の原料とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。