Top >  ヒアルロン酸とは >  膝関節痛(スポーツ障害)の原因とヒアルロン酸

詳しくはコチラから

膝関節痛(スポーツ障害)の原因とヒアルロン酸

腰や股などと同様に、膝(ひざ)も人間の体重を支えるための大切な部位となります。そのようなことから、膝には疲労がたまりやすく、また関節部分の軟骨の磨耗が大きいために、膝関節痛の発生が高くなるのが特徴です。年配の方には、よく膝の部分に水が貯まると言われる方が多いですが、これは膝関節痛の持つ特有の症状です。加齢が大きな原因でありますが、他にもスポーツなどで足腰や膝を酷使することが原因で、膝の痛みが発生することも多いです。膝関節痛はスポーツ外傷によることが多く、単独で膝を損傷するような場合と他の部位との関係で膝を損傷する場合とがあります。膝関節痛の主な原因としましては、靭帯損傷、半月盤損傷、内側側副靭帯損傷・前十字靭帯損傷などがあります。このように、スポーツによる直接的な外傷と、膝の繰り返しによる使いすぎ症候群などが“スポーツ障害”と言われています。長距離のランニングによる膝関節痛はランナー膝と言われたり、バレーボールやバスケットボールなどジャンプを多くするスポーツ選手に多いジャンパー膝などは、膝の過度の使いすぎ症候群の一例です。こういったスポーツ障害での膝関節痛などにも、治療の一つとしてヒアルロン酸を膝に注入する方法が注目を集めています。これはヒアルロン酸の持つ粘性や弾性などが膝の軟骨を保護する働きをしているからです。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 膝痛へのヒアルロン酸注入  |  トップページ  |  次の記事 膝の関節痛に効くヒアルロン酸についての誤解  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。