Top >  ヒアルロン酸とは >  膝痛とヒアルロン酸

詳しくはコチラから

膝痛とヒアルロン酸

膝痛を代表する関節痛の原因としましては、軟骨の弾力性が低下してさらに表面がざらざらとしてきて、力のかかる部分がだんだんと擦り減っていくことが原因と言われています。そしてヒアルロン酸は関節軟骨などの多く含まれていて、関節の動きをよくする潤滑油作用だったり、クッションのように衝撃を吸収・緩和する働きをしている重要な成分なのです。つまり、関節軟骨内のヒアルロン酸が減少しますと、潤滑作用および衝撃吸収作用が減少するために、膝痛が発生してしまいます。ヒアルロン酸は年齢とともに減少する成分です。体内のヒアルロン酸が減少しますと、肌のハリ・弾力性がなくなったり、関節の動きが悪くなって膝の痛みを生じます。関節痛(膝など)の痛みに対する治療法には、痛み止めとしての内服薬や貼り薬などがあります。このほかにもよく行われている治療としましては、膝や肩などの関節にヒアルロン酸を注射するといった方法です。美容効果以外にもヒアルロン酸には、優れた効能があったのです。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 膝痛にも効用があると言われているヒアルロン酸  |  トップページ  |  次の記事 膝痛へのヒアルロン酸注入  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。