Top >  ヒアルロン酸とは >  ヒアルロン酸とは

詳しくはコチラから

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は、学術上の名称では『ヒアルロナン(hyaluronan)』と呼ばれています。このヒアルロン酸(hyaluronic acid)とは、グリコサミノグリカンといわれるムコ多糖の一種です。グルクロン酸(GlcNAcβ1-4GlcAβ1-3)と Nアセチルグルコサミンとの二糖単位が連結した構造となっているのが、ヒアルロン酸なのです。

このヒアルロン酸(hyaluronic acid)は、極めて高い分子量を持ち、生体内にはヒアルロン酸の分子量が100万以上あると言われています。他のグリコサミノグリカンとは異なるコンドロイチン硫酸などには硫酸基の結合が見られません。また、核となるタンパク質の「コアタンパク質」と呼ばれる物質とも結合はしていません。

ヒアルロン酸は、生体内では関節、硝子体、皮膚、脳などの広い範囲の細胞外マトリックスに見られます。なかでも、関節軟骨ではリンクタンパク質やアグリカンなどと非共有結合し超高分子複合体を作り、軟骨の機能を維持するためにとても重要な役割を果たしています。最近ではヒアルロン酸は、乳酸菌や連鎖球菌から大量に生産されるようになりました。健康食品にヒアルロン酸が配合されたり、美容化粧品などの保湿成分として添加されていたり、また関節炎や角結膜上皮障害の治療薬として利用されています。

詳しくはコチラから

トップページ  |  次の記事 ヒアルロン酸の注射でシワを取る  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「ヒアルロン酸を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。